カテゴリ:*landscape*( 96 )

To Be Free


大好きな場所を もっと楽しく もっと自由に



e0347334_15100439.jpg


ファインダーの中に流れる わたしだけのじかん


e0347334_17093518.gif


* 2017年最後の更新です m(_ _)m


大好きなクリスマス、あっという間に過ぎてしまいました。
12月のキラキラした雰囲気が大好きなのでね、もっと長ぁぁぁく楽しんでいたいと、いつも思うのだけれど・・・
時が早く流れる12月、「 忙しくて師が走り回る師走 」 とはよく言ったものです (;´∀`)

今シーズン ( 冬 ) 、まだ始まったばかりですが、なんだか変な感じですね。
積雪量はそこそこあるのかな?って感じだけれど、気温がとにかく高い気がします。
サンピラーやダイヤモンドダスト、霧氷等、厳冬期ならではの景色に会いたいと思っているのですが・・・
暖冬なのかなぁ、なかなか上手くいきませんね。



**********



さて、今年最後の更新ということでね、毎年恒例 「 1年分の一気載せ 」 いきますよ~!!!
約20枚、ゆっくりじっくりご覧くださいませ★



e0347334_04553881.gif


* Winter *




e0347334_15093458.jpg


そうそう、年明けに訪れた丘で、この子に会ったんだよね~♪

車に乗ったまま窓を開けて望遠で撮っていたら、どんどん近付いてきて、視線をくれたり雪にダイブしてみたり・・・
15分くらいかな、一緒に遊んでくれた気がしたよ。
何度も何度もこちらを振り返りながら丘に帰ってゆく姿に、「 バイバイ 」 って手を振って見送ったんです。
物語みたいな、やさしいじかんでした。





e0347334_15090454.jpg


サンピラーは拝めなかったけれど、真っ白なドレスを纏った木々たちが朝陽に煌めく瞬間、綺麗だったなぁ。
身体中カチコチに冷えていたはずなのに、こんな一瞬は血が沸騰しそうなくらい興奮するんですよね。





e0347334_15083419.jpg


霧氷が融けないうちに、青空が雪雲に覆われないうちに、あちこち車を走らせていると ↑ こんな景色にも出会えて。





e0347334_15080580.jpg


やっぱり冬がいちばん好きだな~と、撮る度に思います。





e0347334_15073436.jpg


真っ白な丘に現れた融雪剤のアートは、新しい季節到来の合図。
さぁ、春へ!




e0347334_04550080.gif


* Spring *




e0347334_15064674.jpg


北は、枝の蕾が僅かに膨らみ始めるものの、まだどこか淋しい色合い。





e0347334_15053114.jpg


かと思えば、南は春爛漫!!

この2枚、僅か5日のうちに撮ったものです。
同じ北海道と言えど、北と南ではこんなにも違うのね~!!って、毎年驚きます。





e0347334_15043155.jpg


下を見ても、





e0347334_15034628.jpg


上を見ても満開。





e0347334_15031604.jpg


豪華絢爛、北海道の春です。




e0347334_04544680.gif


* Summer *




e0347334_15022756.jpg


朝から湿度が高くなる夏、空も焼けやすくなる季節。





e0347334_15015645.jpg


ベールのような朝霧が漂うジャガイモ畑に、





e0347334_15011166.jpg


風に揺れる麦畑。





e0347334_15004138.jpg


「 北海道 」 と言えば、こんな景色たちを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。





e0347334_15001007.jpg


観光客であふれる賑やかな夏にさよならを告げて、次の季節へ・・・




e0347334_04543063.gif


* Autumn *




e0347334_14594012.jpg


やわらかい陽射しに揺れていた葉っぱたち。
まだ記憶に新しい季節のはずなのに、写真を見返していると、こういうあったかい色合いが懐かしく思えてきます。





e0347334_14591020.jpg


夏の終わり頃から罹ってしまった病気のこともあって、いつになく行動範囲が狭ぁ~い秋でした。
けれど、そのおかげで 「 地元の秋 」 を久しぶりに見られた気がします。
子どもの頃は遊び命で、公園に植えられている木がどんな色に染まってるのかなんて気にしてなかったもん。





e0347334_14584035.jpg


桜同様、上も下 ( 足元 ) も満喫しました~♪





e0347334_14560075.jpg


大好きな美瑛の秋にも会えました。
今年はもしかしたら行けないかもって思ってたのでね、ほんと、有り難かったです。





e0347334_14552977.jpg


めぐってくる季節、同じ場所でも毎年同じ景色・色じゃあない。
それを知っているからこそ、こうして愛おしむきもちを大切にシャッターを切るのです。

北海道の自然たちに 「 ありがとう 」 。



**********



悲しいことに、撮影枚数・回数の少なさは毎年記録を更新していましてね・・・今年も例に漏れずです。
年の瀬に一気載せの記事を書く = 1年分の写真を見返すってことなのだけれど、
2017年、あまりの少なさに驚きを通り越して笑うしかないって感じでした ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

限られた時間だからこそ、1回の撮影が貴重で大切なわけですが、やっぱり 「 美瑛・富良野 」 を選んじゃう。
元気なときも、病気で弱ってしまったときも、ここの自然が存分にこころを癒してくれます。




e0347334_14550757.jpg


「 自然と戯れる・触れ合う 」

これは、わたしの2017年の目標でした。
拙いなりにセルフポートレートで表現したり、時にはカメラを持たず五感で自然を満喫してみたり・・・
いつになく気ままに、気楽に、そして自由に写真と向き合った1年だったように思います。


そんなスローペースで楽しんだわたしのフォトライフにお付き合いくださった皆さま。
月並みな言葉ですが、やっぱりね、ブログって見てくださる方がいるからこそ続けられるものなんですよね。
どんなにゆっくりでも、例え月に1度しか更新できなくても、「 記事を書こう 」 と思えることがうれしいのです。
いつも応援してくださる皆さまに、こころから 「 あ り が と う 」

どうぞ好いお年をお迎えくださいませ☆



e0347334_22475153.gif

病気になってしまい、販売が延期になっている個人冊子 「 S 」 vol.4 ( 夏号 ) について。
年が明けて、春~初夏あたりの販売を目標に頑張ります。
どうぞよろしくお願い申し上げます m(_ _)m




mika


by micamelife | 2017-12-29 00:00 | *landscape*

Goodbye to You


ひらり はらり



e0347334_18083220.jpg


吹く風は さよならのメロディー





e0347334_18082984.jpg


「 バイバイ またね 」

ちいさな手を揺らして伝えるから


e0347334_17093518.gif


もうとっくに白い世界になっているというのに・・・長々と続けてしまった秋写真も、本日最終回です m(_ _)m




e0347334_18082465.jpg


「 秋はあっという間に過ぎていくよね 」

毎年毎年もれなく言ってるのだけれどね、今年は特にそう感じた気がする。
色付きが早かったせいでしょうかね~。
そして風が強い日が多かったものだから、落葉も早かったんです・・・ ヽ(´Д`;)ノ





e0347334_18081968.jpg


そんな足早な季節を ↑ 地元で、





e0347334_18081443.jpg


札幌で、





e0347334_18012234.jpg


そして美瑛 ( あと旭川も! ) で楽しめたのですから、感謝しなければいけませんね。
今年も美しい彩りをありがとう~、また来年会おうね。



**********



最後までお付き合いくださいました皆さまにも、こころからの 「 ありがとう 」 を (uωu*人)


雪が降り続く中、寒~い部屋で秋写真を見て、こうして記事を書いていると、つくづく思うのです。
あぁ~、秋って良いなぁ、あったかいなぁ~って。
上も下もカラフルに着飾って・・・自然と笑顔がこぼれますね。
そんな美しい季節が過ぎてチョット淋しいけれど、大好きな冬がいつもより早めに来てくれたのでね、笑顔で過ごせそう★

日に日に寒さが増してゆきます、皆さまもどうぞご自愛下さいませね。


e0347334_04553881.gif

いつも見に来てくださってありがとうございます m(_ _)m
やさしいあなたに感謝です。




mika


by micamelife | 2017-11-27 00:00 | *landscape*

√a = 18


大人には、いい休暇をとる、という宿題があります。

「 青春18きっぷ 」 2009年夏のキャッチコピーより




小中高と、学校が大好きだったので、夏休みと冬休みはちょっぴり憂鬱だったけれど・・・
いざ休みに入れば楽しくて、家族旅行もあったし、夏祭りの日に夜まで友だちといられることが特別だと感じたりもしていた。
真っ黒に日焼けした子も、骨折してギブスをしている子も、休み明けはみんな笑顔だったなぁ。
旅行のはなし、好きな人とお祭りに行ったはなし、長期休みの土産話を聞くのも楽しかった。

オトナになって社会に出れば、やりたいことができないジレンマもあって・・・
感情のままに動いてばかりいられないのが現実。




e0347334_18410196.jpg


でも、1年に1回くらいなら・・・ね、自分にご褒美をあげても良いかもとは思う (´艸`*)





e0347334_18405731.jpg


遠く離れた知らない街で、いつもと違う景色を見て、美味しいものを食べて・・・
子どもの頃みたいに、めいっぱいはしゃいでみる。





e0347334_18405338.jpg


ただそれだけで 「 また頑張ろう 」 って思えたりする。





e0347334_18404952.jpg


早いもので旅から約1ヶ月経ちましたが、あのときのしあわせなきもちは今でも続いています。
いい休暇をとるという大人の宿題は、文句ナシのハナマルです★

信州の大自然、出会った方々、そして見てくださったあなたに 「 ありがとう 」 。



e0347334_14595524.gif



* ゆる旅ミニコラム 最終回 「 旅のすゝめ 」


タイトルの 「 √a = 18 」 は、冒頭のキャッチコピー同様 「 青春18きっぷ 」 から。
「 旅路 ( ルート ) のなかでは、人はいつも18 ( age ) である。 」 という意味なんですよ (●´∀`)ノ
このコピーを考えた方は、大学で数学を専攻していたそうです。


仕事を辞めて貯金をはたいて、いざ海外!!
こんな生き方や行動力には正直憧れる部分もあるけれど、でもそれだけが 「 旅 」 ではないと思う。
童心にかえって、こころから好きだと思える場所が見つけられたら、それがいちばんではないでしょうか。
そして、また行きたいという想いが、日々の活力にもなるのですから。

行き先は何処だって良いんです、旅の素晴らしさはいくつになっても感じることができますよ~♪



e0347334_22475153.gif

週末につき、イイネボタンはおやすみ致します。
少し前の記事で、約半年ぶりにコメ欄を開けましたので、何かありましたらご遠慮なく コチラ( ←click )の記事へどうぞ!
皆さま、どうぞ良い週末を~♪




mika


by micamelife | 2017-07-01 00:00 | *landscape*

翼が折れたなら


手帳を見たら、一日くらい自分のために使えそうに思えました。

「 そうだ 京都、行こう。 」 2006年初夏のキャッチコピーより




e0347334_04330314.jpg


急がない 焦らない 怒らない

強張った翼を まっすぐに治すじかんです


e0347334_17093518.gif


ゆる旅ミニコラムに書いた通り、今回は船旅だったということで、新潟をぶらぶらする時間もありました。

↑ は 「 美人林 」 というところでね、樹齢約90年のブナの木が一面に広がっています。
ここ、秋も絶対綺麗!!
やっぱりこういう場所は良いですね~、自然は偉大なヒーラーです。




e0347334_04325866.jpg


@ 龍ヶ窪


ここと信州の阿寺渓谷で見た水は本当に綺麗でした。
透明度、ハンパないっす。
ここ龍ヶ窪は、大量の水が絶えず湧き出ていることから、なんと1年中濁ることがないそうですよ。





e0347334_04325449.jpg



@ 星峠


超がつくほど有名なこの場所。
左下の方にちょこっと写っている彼がちいちゃく見えるでしょう? それほど規模がでかい棚田です。





e0347334_04324999.jpg


棚田と言えば、空の色を映す朝景・夕景が有名だけれど、この日は日中に訪れました。
翌朝、日の出を撮ろうという話も出ましたが、宿泊していたホテルからの移動時間を考えると、深夜2時起床。
まぁ・・・ね、起きられたら行こうかという、ゆる~い感じの約束にしました (;´∀`)

いざ目覚ましが鳴ると・・・これがもう猛烈に眠い!
船から降りたその日だったということもあって、移動疲れも出ていたし。
半開きの目で彼の方を見ると 「 ( 寝よう ) 」 と表情で訴えていたので、即2度寝に突入。笑
いいの、写真旅じゃないから (´艸`*)


五感で感じる旅・新潟バージョンも、とっても癒されました~♪



e0347334_14595524.gif



* ゆる旅ミニコラム ➅ 「 ご当地モノのすゝめ 」


「 サラダホープ 」 ってご存知ですか。
これね、亀田製菓から出ている米菓なのだけれど、今では新潟限定のお菓子です。
昔は全国区というか、少なくとも北海道では普通に売っていて、家族全員このお菓子のファンだったんですよね。
店頭から突然なくなってしまって 「 美味しかったのに残念だね 」 なんて話していたのが、もう何年も前のハナシ。
今回は新潟港発着ということで、ドラッグストアで箱買いしました。


今ではいろんなご当地モノが売られていて、ご飯を食べるにもご当地B級グルメなんていうものがあったりしますね。
そんな中、わたしがオススメしたいのは 「 コンビニ 」 です。
旅に行ってまでコンビニ?って思うかもしれませんが、ここにもご当地モノが売られているんですよ。

例えばおにぎり。
北海道では 「 LOVE北海道米 」 と銘打って、お米には道産米が使われています。
これが新潟では魚沼産コシヒカリ、信州では信州産のお米です。
それから具も同じように、東北で売られているわかめご飯おにぎりのわかめは三陸産でしたね。
その土地でしか売られていない味 ( 具 ) もあったりするんですよ。
これらは、ちゃーんとラベル ( 商品パッケージ ) に書かれています。

信州・松本市のセブンイレブンでは、レジ横に置かれているホットスナックの中に 「 山賊焼き 」 がありました。
これね、お店で食べ損なったご当地B級グルメなので、見つけて即買い (´艸`*)


近頃では健康に関しての意識の持ち方が高い方も多いのでね、コンビニご飯なんて・・・と思う方もいらっしゃるでしょう。
毎日食べるわけではないし、「 そこまで気にしないよ~ 」 という方は、ぜひ旅先でもチェックしてみてくださいね。

ちいちゃなことだけれど、こんな変化もまた 「 遠くに来たんだな~ 」 と思わせてくれるはずです☆



e0347334_22475153.gif

本日はコメ欄閉じていますが、少し前の記事で、約半年ぶりにオープンしています~♪
何かありましたらご遠慮なく コチラ( ←click )の記事へどうぞ!




mika


by micamelife | 2017-06-27 00:00 | *landscape*

旅 情 街 道


 前略、僕は日本のどこかにいます。

「 青春18きっぷ 」 2000年冬のキャッチコピーより




e0347334_16045199.jpg


身体は今を こころは昔を旅します


e0347334_17093518.gif


中山道の旅・第2弾 (*>ω<)ノ

前回 ( ←click ) 載せたのが 「 奈良井宿 」 、今回が 「 妻籠宿 」 です。
どちらも素敵で、じっくりとそぞろ歩きを楽しんだのだけれどね、個人的には妻籠の雰囲気の方がツボでした。
↑ の写真は、妻籠でのお気に入りの1枚★




e0347334_16044589.jpg


こんな風景を見ていると、遠くから歩いて来る笠をかぶったおじいさんが、昔の人なんじゃないかって思ってしまう。


旅情というものは、遠いところに行けば行くほど感じるものだと言われますが、
こんなふうに、長い長い歴史を刻む場所に来たときもまた、しみじみと感じるものです。





e0347334_16044126.jpg


ぬくもり感じる灯りも、





e0347334_16043728.jpg


どこかホッとするような玩具も、





e0347334_16043246.jpg


タイムトラベルのキーになる。



e0347334_22475153.gif

今週はイイネボタンはおやすみ致します。
少し前の記事で、約半年ぶりにコメ欄を開けましたので、何かありましたらご遠慮なく コチラ( ←click )の記事へどうぞ!
皆さま、どうぞ良い週末を~♪




mika


by micamelife | 2017-06-24 00:00 | *landscape*

悠久の風


「 どうしてこんな ( 険しい ) ところに神社を創ろうと思ったんだろうねぇ 」

「 こんなところだから創ったんでしょ 」


そう言われて、あぁナルホドな~と妙に納得した場所。
かつては修行僧の修練の場としても栄え、なんと約2000年もの歴史を刻む 「 戸隠神社 」 。
先日更新した記事にはご神木の写真を載せましたが、今日も神様繋がりです。




e0347334_16213223.jpg


・・・ちょっと凄すぎやしませんかね ( ゚д゚)


戸隠神社と言えば、なんと言ってもこの杉並木が有名でしょう。
人の小ささで、この杉の木がいかに大きいかが分かるかと思いますが・・・もうね、ホントに圧巻でした。
樹齢400年超えですって。

先日載せたご神木は樹齢500年、中山道も400年の歴史、そしてこの神社が刻む歴史は2000年。
こんな数字があちこちに並ぶのですから、もう凄すぎてどうリアクションして良いか分からないレベルです。笑





e0347334_16212413.jpg


* 彼が撮った写真です (*´▽`*)ノ


参道のすぐ横が ↑ こんな感じなので、小川のせせらぎを聴きながらウォーキング気分♪

・・・だったら良かったのだけどね、この参道、奥社まで片道約2キロあるんですよ。
しかも、途中からは結構な登り坂 + 石の階段が出現。
車は通れないので、奥社に参拝するには 「 徒歩のみ 」 です。





e0347334_16211705.jpg


中間地点の随神門。
ここから奥社までの約1キロに亘って ↑ 1枚目のような杉並木が続きます。



情けない話ですが体力に自信がないことと、この日の気温が32℃だったこと・・・
迷いはありましたが、せっかく来たのだし、やっぱり参拝したいということでね、ゆっくり歩きました。

交換レンズは持たず荷物は最小限、お茶、首にはタオルで挑みましたが、汗だく (;´∀`)
そんな情けないわたしとは裏腹に、齢70超えと見られるおじいちゃん・おばあちゃんたちが元気に歩いて行きます。
中には、重たい機材を抱えた方もいらっしゃって・・・最近の高齢者の方々は本当にお元気ですよね。
ウォーキング、カメラ、バードウォッチング、趣味があると若々しくいられるのかな。





e0347334_16210907.jpg


なんとか歩ききって、奥社のすぐ麓から見上げた景色がコレ、霊山・戸隠山と新緑たち。

やっぱり山の麓だからでしょうか、戸隠の自然は、他の地域と比べてまだ冬枯れの木々もありました。
カタクリの花も元気に咲いていたくらい!
でも、↑ こんな感じで、若い緑が眩しくてね~、素敵なワンシーンに出会えたことに感謝です。
汗だくで息も切れ切れだったけど。笑



e0347334_14595524.gif



* ゆる旅ミニコラム ④ 「 自然満喫のすゝめ 」


「 北海道と信州は似てるよね 」
ブログに美瑛の写真を載せていると、こういうコメントを頂くことも少なくありませんでした。
いつかこの目で見てみたい、そう思っていた信州です。

共通点は 「 自然豊かなこと・広いこと 」 かな。
この記事 ( ←click ) でも触れましたが、厳密に言えば 「 自然 」 の種類が違っていてオモシロイ。
こちらでは木と言えばメインは白樺で、戸隠神社のような立派な杉並木はお目にかかれませんし、松の木もレアかな。
ですので、花粉症を発症する人の殆どが白樺花粉。
広大な土地に広がるのは、北海道は主に畑、信州は田んぼ。
残雪の山々が見られるのは同じですが、白馬村のように、すぐ目の前にドーン!と迫る光景は見られません。

それからね、自然とはチョット違うけれど、瓦屋根はいつ見ても 「 スゴイ! 」 って思うポイントだったりします (´艸`*)
北海道に来る機会があったらね、ぜひお家にも注目してみてください。
全然違いますから。


「 美瑛に行くよー! 」 と連絡をくれるブロ友さんたちに伝えていることがあります。
それは「 時にはカメラを置いて丘に佇み、風の声やトラクターの音を聞いて、懐深い自然も満喫してね~ 」ということ。
ただそれだけで不思議とこころが満たされていくことって、本当にあるんですよ。
五感で楽しむってね、オトナにこそ必要なじかんだと思います。

初回のミニコラムにも書きましたが、ファインダーだけではなく、時には自分の目で、耳で、肌で自然を感じてください。
それが信州や北海道のような、自然豊かな場所なら尚更。


何が見える? 何が聞こえる?  自然の素晴らしさ、きっときっと見つかるはずです。



e0347334_22475153.gif

週末につき、イイネボタンはおやすみ致します。
少し前の記事で、約半年ぶりにコメ欄を開けましたので、何かありましたらご遠慮なく コチラ( ←click )の記事へどうぞ!
皆さま、どうぞ良い週末を~♪




mika


by micamelife | 2017-06-17 00:00 | *landscape*

浪 漫 街 道


1601年 整備が始まったこの道を

2017年 今日も旅人が歩きます



e0347334_15484346.jpg


400年分の浪漫が ここにある


e0347334_17093518.gif


ここで撮った写真は、「 THE・観光写真 」 「 THE・記念写真 」 だということは分かっているのだけれど、
今回の信州旅で、最もテンションが上がった場所のひとつなので、2回に分けて紹介させてくださいね。


唐突ですが・・・わたし、幕末マニアです。
この話になると、熱が入り過ぎて長くなってしまうのでね、経緯等は割愛しますが (;´∀`)
江戸時代の人々の暮らし・時代背景・日本刀等々、昔から大好きでして、史料集や古写真集を集めていました。

高校の修学旅行で二条城へ行ったのですが、感動と興奮を抑えられず、友人に笑われたのは良い想い出。笑
「 この廊下、当時の人たちが歩いてたんだよなぁ 」 「 この襖も触ってたんだよね 」
なんてことを考えると、今自分が同じ場所に立っていること、ロマンがあるな~と思うのです。

だからね・・・




e0347334_15483871.jpg


こういう場所の雰囲気は、たまらんのですよ (*´д`*)


ここは、京と江戸を約500kmで結ぶ 「 中山道 ( 木曽路 ) 」 の宿場町です。
こういう風景はね、北海道では絶対に見られません。
当たり前だけれど、当時の人たちはこの距離を歩いて移動していたのですよね、それも草鞋を履いて・・・





e0347334_15483415.jpg


暑い中・寒い中を歩いて疲労を感じているところに、宿場町の灯りや賑わいが目に飛び込んでくる・・・
ホッとできる瞬間だったでしょうね。





e0347334_15483034.jpg


さ、どうぞお上がりくださいませ (*'v`*)



e0347334_14595524.gif



* ゆる旅ミニコラム ② 「 船旅のすゝめ 」


江戸時代の人々のように、逞しく歩いて・・・は無理ですが、ゆっくり船旅はいかがでしょう~♪

三半規管が滅法弱く、船旅なんて以ての外!!!だったわたしが、今では船旅にハマっています (´艸`*)
飛行機と比べて時間がかかってしまうのでね、弾丸ツアーには向かない移動手段ですが、
ゆっくり旅を楽しむ余裕があるのなら、1度経験してみて欲しいな。


まず、マイカーを連れて行けるって、これね、結構大きなメリット!
旅先で慣れない車 ( レンタカー ) を運転するよりも安心感があるし、どれだけお土産を買いこんでも大丈夫。
車を返す必要がないのでね、持ちきれなくなった荷物を自宅宛に郵送することもない。

それから旅費、これもチョット意外だったりします。
飛行機の場合、新千歳・羽田・関空等、主要路線だと片道1万円以下のときもあったりして、とっても安いのだけれど、
地方空港発着だと、旅割や先得を使っても結構高くてですね、そこにレンタカー代を足すとなると尚更。
今回の信州旅もまさにコレで、船旅一択でした。

そしてなんと言っても、「 海の上のホテルって最高よ 」 ってこと!
「 客室露天風呂 」 がついた温泉旅館は珍しくないですが、「 360度どこを見ても海の上の露天風呂 」 は、そうない。
お風呂に限らず、フェリーの中ってね、ホントにホテルみたいで快適です。
水平線に沈む夕陽、水平線から昇る朝陽も格別。


早く・安くが当たり前のこの時代だからこそ、チョットゆっくり船の旅、いかがでしょうか★



e0347334_22475153.gif

週末につき、イイネボタンはおやすみ致します。
ひとつ前の記事で、約半年ぶりにコメ欄を開けましたので、何かありましたらご遠慮なく コチラ( ←click )の記事へどうぞ!
皆さま、どうぞ良い週末を~♪




mika


by micamelife | 2017-06-10 00:00 | *landscape*

風に吹かれて


桜が終われば、菜の花やチューリップが北の大地を彩ります。



e0347334_22151452.jpg


そんな華やかな北海道を飛び出して、信州の風に吹かれてきました。





e0347334_22150834.jpg


「 自然 」

そうひと言で書いても、そこにある木々や家々、においは北海道のそれと違い、目に映る全てが新鮮だった。
美瑛の丘で土を巻き上げるカッコイイトラクターも、↑ 田んぼにいるとチョットかわいい (´艸`*)
里山の原風景が大好きな彼は、「 住みたい 」 と言い出して大興奮!笑


e0347334_17093518.gif


* ゆる旅ミニコラム ① 「 おのぼりさんのすゝめ 」



信州へ旅に出る前、「 写真旅というよりは観光です 」 と書きましたが、本当にその通りになりました。
ちょっと特別なお休みを頂けたこともあり、どーんと1週間の滞在だったのだけれどね、撮影枚数は150枚と少し。
これって、月イチで通っている美瑛での撮影の方がたくさん撮ってるかも・・・というレベルです。


「 写真を撮る 」 ということは、光の方向や画角を常に気にして、「 写真目線 」 で歩くことになります。
そして、撮るからには納得のいく1枚が撮れるまでねばりたい。
これではいくら時間があっても足りず、「 もっとああしていれば 」 「 違うレンズで撮っていれば 」 と後悔も多い。
もちろんそれが楽しくもあるわけですが、疲れが出ることも事実で、まして初見の場所ともなれば尚更。

撮りたいきもちがなかったかと言われれば、それは違うけれど・・・
北海道では聞き慣れない鳥の声に気付いたり、あぜ道でカエルを探したり、信州の自然を思い切り満喫できて大満足!



今回の旅先に 「 信州 」 を選んだのは、ブロ友さんの影響もあるんですよ。
ウィンタースポーツ大好きで、息を呑むような信州の雪景色を届けてくれるRinちゃん。
長閑な安曇野の田園風景を、時に穏やかに、時にアートに魅せてくださるロビーさん・emiさんご夫妻。
彼らの写真に魅了されるのは、何度もシャッターを切っているからこその 「 愛情 」 が写し出されているからでしょう。

改めて痛感しましたが、やっぱりね、何度も通っているからこそシャッターが切れる場所ってあります。
慣れているからこそ 「 チョット視点を変えてみよう 」 「 違う方角から撮ってみよう 」 って、自然と余裕が生まれる。




e0347334_14073492.jpg


初見の場所で思うような写真が撮れなくて落ち込むより、おのぼりさん気分で観光を楽しむ。
いつも写真と向き合っているあなた! たまには悪くないですよ~♪

・・・と、こんな旅でしたので、写真はとっても少ないですが、「 ゆる旅ミニコラム 」 を添えて更新します。



e0347334_22475153.gif

留守中も、たくさんのご訪問ありがとうございました。
しばらくお休みしていたブログ活動ですが、また今日からよろしくお願いしますね☆
また、現在エキサイトメールの利用を一時的に停止していることもあり、約半年ぶりにコメ欄オープンです。
何かありましたら、お気軽にどうぞ (●o'∪`o)ノ




mika


by micamelife | 2017-06-06 00:00 | *landscape* | Comments(174)

残り香


春の果ては どこにあるのだろう



e0347334_20480844.jpg


澄んだ空を見上げれば





e0347334_20475876.jpg


さくら色の波が広がっていたのに・・・





e0347334_20475089.jpg


キミの残り香を探して 彷徨う暮れの春


e0347334_17093518.gif


* 只今予約投稿にて更新中です



毎年同じ場所へ同じ花を撮りに行くということは、つい同じような写真を撮ってしまうことにも繋がります。
広い園内と言えど 「 ここだ!! 」 と琴線に触れる場所って、たいてい毎年同じなんですよね。
レンズを換え、視点を変えながら撮っているつもりでも、やっぱりどこか既視感が。
・・・と、一瞬落ち込むのですが、「 楽しかったんだから良いじゃないか~♪ 」 と、開き直り更新します (´艸`*)

そんな桜フォトも、今日で最終回。
最後まで見てくださった皆さま、ありがとうございました。
また来年・・・☆彡



↓ さくら色back number ↓

1 春の行方

2 明日、春が来たら・・・

3 木 花 咲 耶 姫

4 春はあけぼの

5 さくら日和

6 Two of Us

7 春 日 遅 遅


e0347334_04550080.gif

* 旅 に 出 て い ま す *

少し前の記事に記載致しましたように、5月19日より旅に出ております。
ご連絡は コチラ( ←click )の記事のコメ欄にて受け付けておりますが、旅先にPCは持参しないため、
お返事は帰宅後となってしまいます旨、ご了承願います m(_ _)m



mika


by micamelife | 2017-05-30 00:00 | *landscape*

春 日 遅 遅


毎年思うんだ 春は足が速いなぁ~って



e0347334_19095851.jpg


でも ぼくたちはのんびりゆっくり





e0347334_19095154.jpg


それでいい それがいいんだ


e0347334_17093518.gif


* 只今予約投稿にて更新中です



タイトルの 【 春日遅遅 】 ( しゅんじつちち ) は、「 春の日がうららかで長閑なさま 」 という意味。
鳥や動物たちがいる風景は、まさに!!という感じ (*>ω<)ノ
スズメもカモメも、どこにでもいる鳥たちだけれど、こういう光景は癒されますね~♪


この公園は、桜の時期に合わせて露店も出ているし、火気の使用も許可されます。
ジンギスカンにバーベキューに・・・かなり賑やかになるのだけれどね、ゴミが落ちてないんですよ。
毎年早朝5時~6時の間には園内に着きますが、どこを見ても前日分のゴミがない。
皆さんきちんと指定の場所に捨て、あふれた分は持ち帰っているのでしょうね、素晴らしいです。

人も動物も鳥も、うららかな春の日をきもち良く過ごすことができる。
だから毎年行きたくなるんですね (o´∀`o)


e0347334_04550080.gif

* 旅 に 出 て い ま す *

少し前の記事に記載致しましたように、5月19日より旅に出ております。
ご連絡は コチラ( ←click )の記事のコメ欄にて受け付けておりますが、旅先にPCは持参しないため、
お返事は帰宅後となってしまいます旨、ご了承願います m(_ _)m



mika


by micamelife | 2017-05-27 00:00 | *landscape*


Fun to SHOOT      *リンクフリーです*


by mika

プロフィールを見る

* Contact *

mika宛のメールはコチラまで

* 上記アドレスは一時的に利用停止中です。大変恐縮ではございますが、コメント欄よりご連絡下さいますようお願い申し上げます。


使用機材・活動履歴等は、
コチラをご覧くださいませ。

カテゴリ

*Links*
*Biei & Furano*
*landscape*
*flower*
*cat*
*animal*
*selfportrait*
*Danboard*
*airplane & air port*
*Kyoto*
*Information*
*other*
*about me*

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

* 賞 & 販売 *


個人冊子 「 S 」 vol.3 発行


個人冊子 「 S 」 vol.2 発行


個人冊子 「 S 」 vol.1 発行


第23回旭山動物園ふれあいフォトコンテスト 銅賞


JAPAN PHOTO 2016 秋冬フォトコンテスト 特選


JAPAN PHOTO 2015 秋冬フォトコンテスト 準特選


アートアクアリウム 2014 オフィシャル写真集 「 金魚の宇宙 」 写真提供


麻生猫カフェ 福猫茶房さんにてポストカード販売中
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

* 掲載 *

フォトコンライフ 71 「 JAPAN PHOTO 2016 秋冬フォトコンテスト 講評 」 掲載

フォトコンライフ 67 「 JAPAN PHOTO 2015 秋冬フォトコンテスト 講評 」 掲載

写ガールvol.27 「 一生に一度の写真旅@沖縄 」 掲載

写ガールvol.26 「 NO PHOTO NO LIFE上位者に聞く!私のカメラ遍歴 」 掲載

写ガールvol.25 「 No Photo No Life 」 フォトコンテスト 2位

女子カメラvol.35 「 秋しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.34 「 日本全国お気に入り撮影スポットMAP 」 「 夏しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.33 「 春しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.32 「 冬しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.28 「 猫しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.27 「 blogger女子の秋しゃしん 」 見開き掲載

女子カメラvol.26 「 可愛い!しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.25 「 猫しゃしん 」 掲載