<   2017年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

L I F E


朝陽が射し込む瞬間も 星が降り注ぐ夜も



e0347334_12463763.jpg


丘の上ではじまる ものがたり


e0347334_17093518.gif


↑ の写真は廃屋 ( 若しくは農機具を収納しておく小屋? ) ですが、丘の上で目が覚めて、丘の上で眠りにつく・・・
札幌から通っていると、そんな日常に憧れてしまいます。




e0347334_12463202.jpg


こちらの素敵なおうちは、確か数年前までお花 ( ドライフラワーだったかなぁ ) の教室だったと思いますが、
今は売りに出されています。





e0347334_12462851.jpg


強い風が吹き抜けていく丘の上ですから、防風林に守られているおうちやペンションが多いです。


ひつじ雲に覆われた朝 ( ← click ) と同じ日に撮った写真たち
あのひつじたちがどんどん大きくなり、やがて1匹の巨大なひつじへと成長して、青空も光も届かなくなりました。
こういう天候になったときでも、研ぎ澄まされた感性が欲しいと、常々思っているのですが・・・
現実はそうもいかず、その難しさと、自分の頭の固さに悶々とするばかりです (;´∀`)



**********



美瑛・富良野に限らず、地方へ行くと心がけていることがあって、それは 「 その街でお金を使うこと 」

美瑛に関して言えば、お気に入りのレストランで昼食をとったり、ドラッグストアで買い物を済ませたりしています。
美瑛も富良野も、素晴らしい景観が拝めるにも関わらず、お金を取る場所って殆どないんです。
あの有名な 「 青い池 」 でさえ無料で、駐車場代もかかりません。
わたしたちの場合は少額だけれど、いつも撮影させてもらっているのでね、少しでも経済の足しになればと思って。

撮影同様、地方での買い物も楽しみのひとつになっています (●>ω<)ノ゙


 
e0347334_14293830.gif

本日はコメ欄閉じていますが、少し前の記事で、久しぶりにオープンしています~♪
何かありましたら、ご遠慮なく コチラ( ←click )の記事のコメ欄をお使いください m(_ _)m




mika


by micamelife | 2017-01-31 00:00 | *Biei & Furano*

冬空にひつじを数えて・・・


眠れない夜と 早く起きた朝は



e0347334_16070183.jpg


1匹 2匹

空に浮かぶひつじを数えて・・・


e0347334_17093518.gif


早朝の冬空に広がった、それはそれは見事なひつじ雲。

北海道ではお馴染みの道路標識と一緒にパチリ★
ちょっと ( いや、かなりかな。笑 ) 見難いのだけれど、標識の矢印も細かい霧氷で覆われています。




e0347334_16063227.jpg


一般的には、秋に発生しやすいと言われているひつじ雲ですが、条件さえ揃っていれば季節を問わず見られます。
うんとシバれた早朝に、思いがけず ↑ 霧氷とコラボできて、ちょっと得した気分♪


この日は、少なくとも4人のブロ友さんが美瑛・富良野にいたと知ってビックリ!!!
美瑛 「 町 」 とは言え、そのフィールドはかなり広く、上富良野・中富良野・富良野も含めると尚更なので・・・
丘で偶然 「 はじめまして 」 になる方が、レアなケースなのかもしれませんね。

あの日同じフィールドにいた皆さんも、冬空のひつじを見ていたのかな (o´∀`o)


 
e0347334_14293830.gif

本日はコメ欄閉じていますが、少し前の記事で、久しぶりにオープンしています~♪
何かありましたら、ご遠慮なく コチラ( ←click )の記事のコメ欄をお使いください m(_ _)m




mika


by micamelife | 2017-01-28 00:00 | *Biei & Furano*

凍てつく目覚め


「 ダイヤモンドダストとサンピラーを撮りに行こう! 」


早朝4時に札幌を出発。
途中通る山道を走っているとき、車のライトに照らされた視界がキラキラと輝いていることに気が付いた。
外気温が低く、空気中の水分が凍っているのです。
そして、富良野に入った途端、朝靄 ( あさもや ) と川霧で真っ白、もちろん木々も霧氷で真っ白でね、これは寒い証拠。
ダイヤモンドダスト・サンピラー共に、氷点下15℃以下が望ましいとされているので、この白さに胸が躍りました。

何箇所か目をつけていた場所のうち、いちばん可能性がありそうな場所へ・・・



e0347334_12273504.jpg


↑ 氷のドレスを纏った木々たちが、射し込む朝陽で浮かび上がった瞬間です。
なんて美しいんだろう。
雪原の青い影とはまた違った 「 青 」 を見た。


そして・・・





e0347334_12273079.jpg


「 おはよう 」 のとき。



**********



肝心のダイヤモンドダストとサンピラー、結果から言うと、残念ながら見られませんでした (T_T)
ダイヤモンドダストに限って言えば、見えたことは見えたのだけれど、とても細かい粒子だったのでね、ハッキリは写らない。
気温、湿度、天候は良好だったのですが、

太陽さん 「 あー・・・風出てきたね、これじゃサンピラー出せないわ、すまんな 」
わたし  ( ;∀;)

という感じ。笑
風と言っても、本当に微風程度だったのですが、「 無風がいい 」 とされている自然現象なので・・・
ま、そうよね、簡単に見られたんじゃ、「 レアな自然現象 」 ではないわけで。
めげずにまたチャレンジします!!





e0347334_12272674.jpg


サンピラーは残念だったけれど、↑ 幻日が出てくれましたよ (〃゜△゜〃)

* 幻日とは * 太陽と同じ高度の太陽から離れた位置に光が見える大気光学現象のこと by Wikipedia



日の出前からスタンバイ、そして 「 もしかしたらサンピラーが出てくれるかも 」 と、かなりねばったことで、
約1時間は同じ場所にいたのですが・・・
この日の気温は、恐らくマイナス18℃前後、じっとしてるとなると寒い、寒過ぎる。

身体はね、そこまで寒くないんです。
でも、手足の先が・・・この上なく冷えてしまって、上手くカメラを操作できない。
( カメラ操作に支障がない程度に ) 薄手で冷えない手袋、どこかにないかな~と思うほど、手先の冷えが堪えます。
厳冬期の撮影は大好きだけど、長時間勝負となるとね、正直辛さもあるかなぁ (;´∀`)



e0347334_04553881.gif

本日はコメ欄閉じていますが、ふたつ前の記事で、久しぶりにオープンしています~♪
何かありましたら、ご遠慮なく コチラ( ←click )の記事のコメ欄をお使いください m(_ _)m




mika


by micamelife | 2017-01-24 00:00 | *Biei & Furano*

Shape of My Heart


過ぎ去った季節の色 目の前の季節のにおい



e0347334_02590750.jpg


肌で感じて





e0347334_02590329.jpg


こころで写す


e0347334_17093518.gif


* ここからはわたし自身の写真のハナシ。お時間のある方はお付き合い頂けますか~♪



2017年最初の記事でアップしたセルフポートレートと文章 「 自然と戯れる・触れ合う 」
これはね、わたしの今年の目標なんです。

公園の新雪の上に寝転んだとき、とても懐かしいきもちになりました。
まるで星が落ちてくるみたいに、パウダースノーがふわふわと落ちてきて、ちいさな音を立てながら自分の身体に降り積もる。
とても静かで、じんわりと冷たくて、でもなんだか楽しくて。
小学生の頃、あの公園でソリ滑りをして、豪快に転んで、雪まみれになったことを思い出しました。


シロツメクサの蜜を吸ってみたり、木登りをして手足が擦り傷だらけになったり、わざと落ち葉を踏んで音を楽しんだり。
誰のこころの中にもある、懐かしい記憶やきもち。
こういうものを、セルフポートレートとして表現してみるのも良いかもしれない、そう思ったのです。

「 自然を撮る 」ことは何度となくしてきたけれど、「 自然と触れ合う 」ことからは、少しずつ遠ざかってしまった。
自然が被写体だから、自然が好きだから、その奥深さをもっともっと肌で感じたい。
今よりも少しだけ身近に感じられるようになったとき、自分の写真はどう変わるだろうか・・・
挑戦してみよう。


もちろん、「 風景写真 」がライフワークであることに変わりはないのでね、これからも四季を追いかけますよー!
けれど、たまに登場する、ぎこちないセルフポートレートも楽しんで頂けたらうれしいです (∩´∀`∩)



e0347334_04553881.gif

本日はコメ欄閉じていますが、ひとつ前の記事で、久しぶりにオープンしています~♪
何かありましたら、ご遠慮なく コチラ( ←click )の記事のコメ欄をお使いください m(_ _)m




mika


by micamelife | 2017-01-17 00:00 | *selfportrait*

fragile blue


太陽と一緒に 移動して隠れて・・・



e0347334_22235880.jpg


雪原の 「 青 」 は 儚いコワレモノ


e0347334_17093518.gif


美馬牛小学校のとんがり帽子がかわいらしい ↑ この場所にも、素敵な影が落ちていました (*>ω<)ノ

早朝に訪れたときは、まだうっすらとしか陰っていなかったのだけれど・・・
約3時間後、太陽と一緒にゆっくりと移動した真冬のマリンボーダーがお目見えです☆




e0347334_22235516.jpg


防風林の中ともなれば、「 青 」 の主張も激しいですね (〃゜△゜〃) !!





e0347334_22235057.jpg


わたし 「 どこかに素敵な影は落ちていませんか~、いませんか~ 」
相方 「 ・・・ 」
わたし 「 いませんかーーー!!! 」
相方 「 あったーー! 」


この時期、車内では ↑ こんな感じの会話を延々としてまして・・・笑
太陽の位置を見ながら走っていると、落ちてるんですね~、これが。
好い影を見つけると、どんどん地図に書き込んでいるので、愛用の美瑛マップは、もう真っ黒でボロボロ。

「 もう書き込めないよ! 」っていうくらい撮って、見つけて、そして愛していこうと思います。



***** お ま け *****



e0347334_22234735.jpg


1枚目の写真、秋は ↑ こんな感じ。

こんなふうに、季節や時間帯を変えながら、同じ場所を愛でていくって、なかなか良いものですよ~♪
何度も訪れているからこそ見えてくるもの、必ずあるはず★



e0347334_22505097.gif

2017年最初のコメ欄、バァーン!とオープンします m(_ _)m
ですが、わたしもなかなか皆さんのところに言葉を残せずにいますので、どうかお気遣いなくお願いしますね。




mika


by micamelife | 2017-01-10 00:00 | *Biei & Furano*

自然と人と・・・


自然を愛して 自然と向き合い

そして



e0347334_00033386.jpg


自然と戯れる

自然と人は 仲良くなれるって信じてる


e0347334_17093518.gif


三が日も過ぎ、仕事始めで街も人も動き出しましたね。
* m i c a m e l i f e * の2017年も、ようやくスタートです ゚+.(ノ*・ω・)ノ*.

今年の 「 写真始め 」は、やっぱり美瑛・・・




e0347334_00033014.jpg


ではなく、地元でセルフポートレート&撮り合い合戦でした (´艸`*)

除雪されていない公園を長靴で走り回り、全力で撮って撮られて、〆は市営のスケートリンクでひと滑り!
実家で次々と出される料理・お菓子・デザートの山を、喜んで平らげる年末年始だったのでね、
本当に良い運動になりました・・・筋肉痛になるくらいに。笑





e0347334_00032665.jpg


雪と風が吹き付ける日も、





e0347334_00031713.jpg


地吹雪で遠くが霞む日も、わたしらしく楽しめるこころを忘れずにいたいです。


ちょっと余談ですが、セルフポートレートってね、やってみると本当におもしろい。
「 自分が好きだから撮る 」「 自分に自信があるから撮る 」
いえいえ、両方違います、ひとりで写るセルフも、彼と写るセルフも、想い出残しの一環です。
せっかく北海道に住んでいるんだもの、自然の中の自分たちを残したい、そう思うようになりました。




**********




「 mikaさんの写真を見ていると、東山魁夷の絵を見ているような感覚になる 」

昨年末、「 S 」 vol.2を手に取ってくださったkさんから頂いた言葉です。
あまりに恐れ多くて恐縮してしまう一方で、やっぱりどこかうれしいというのが正直な感想でした。
実は、数年前、某SNSで活動していた頃にも、全く同じことを言ってくださった方がいたんです。



e0347334_00031373.jpg


わたしの写真が、というよりは、美瑛・富良野という街が、東山魁夷の世界観を出しているのだと思います。
彼が描いた舞台の多くは信州だそうですが、北海道と雰囲気が似ている部分がありますよね。
行ったことはないけれど、ブロ友さんのお写真を拝見していると、そう感じることが多々あります。


青の絵の具を多く使うことから、「 青の画家 」とも言われた東山魁夷。

常に自然と向き合い、対話を重ねてきた方です。
彼が残した「 自然は心の鏡 」という言葉は、風景との対話を続けてきたからこそのものではないでしょうか。
わたしなど足元にも及ばないどころか、本来であれば、こうして同じページに名前を連ねることすら憚られるのですが、
絵と写真、ジャンルは違えど、自然と向き合う姿勢は、こうありたいと思うものです。

素直なこころで向き合えば、自然はきっと応えてくれる。
そう信じて、今年1年も楽しく撮り続けていこうと思いますので、またお付き合いのほど、よろしくお願いします o(●´∀`)ノ



e0347334_22475153.gif

年末年始も、たくさんのご訪問・そしてコメントを寄せて頂き、ありがとうございました m(_ _)m
札幌に戻りましたので、少しずつお返事していきますね。
相変わらずゆっくりペースですが・・・どうぞよろしくお願いします。




mika


by micamelife | 2017-01-07 00:00 | *selfportrait*


Fun to SHOOT      *リンクフリーです*


by mika

プロフィールを見る

* Contact *

mika宛のメールはコチラまで

* 現在上記アドレスを一時的に停止しておりますので、ご連絡はコメント欄よりお願い申し上げます *


使用機材・活動履歴等は、
コチラをご覧くださいませ。


カテゴリ

*Links*
*Biei & Furano*
*landscape*
*flower*
*cat*
*animal*
*selfportrait*
*Danboard*
*airplane & air port*
*Kyoto*
*Information*
*other*
*about me*

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

* 賞 & 販売 *


個人冊子 「 S 」 vol.3 発行


個人冊子 「 S 」 vol.2 発行


個人冊子 「 S 」 vol.1 発行


JAPAN PHOTO 2016 秋冬フォトコンテスト 特選


JAPAN PHOTO 2015 秋冬フォトコンテスト 準特選


アートアクアリウム 2014 オフィシャル写真集 「 金魚の宇宙 」 写真提供


麻生猫カフェ 福猫茶房さんにてポストカード販売中
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

* 掲載 *

フォトコンライフ 71 「 JAPAN PHOTO 2016 秋冬フォトコンテスト 講評 」 掲載

フォトコンライフ 67 「 JAPAN PHOTO 2015 秋冬フォトコンテスト 講評 」 掲載

写ガールvol.27 「 一生に一度の写真旅@沖縄 」 掲載

写ガールvol.26 「 NO PHOTO NO LIFE上位者に聞く!私のカメラ遍歴 」 掲載

写ガールvol.25 「 No Photo No Life 」 フォトコンテスト 2位

女子カメラvol.35 「 秋しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.34 「 日本全国お気に入り撮影スポットMAP 」 「 夏しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.33 「 春しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.32 「 冬しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.28 「 猫しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.27 「 blogger女子の秋しゃしん 」 見開き掲載

女子カメラvol.26 「 可愛い!しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.25 「 猫しゃしん 」 掲載