<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Long Way Home


明けない夜はないけれど 長い夜ならいくつもあった 



e0347334_16185451.jpg


さぁ

星空を飛び越えて 夜明けを迎えに行こう


e0347334_17093518.gif


* 2016年最後の更新です m(_ _)m


12月24日、夜明け前の写真です。

流れるような雲、山の麓に滞留する雲、やさしい朝焼け・・・どれをとっても美しくて、この場所へ車を走らせた。
でもこの道、まだ除雪車が入る前でね。
我が家の車は四駆じゃないので、雪モサモサの登り坂は埋まっちゃう (;´∀`)


ということで、車から降りて、氷点下20℃弱の中歩いて撮った1枚。
ここで撮った写真、似たようなものだけれど、年明けにまた載せたいと思います☆



**********



さてさて、今年最後の更新ということで、毎年恒例の 「 1年分の一気載せ 」 いきます!!
約20枚、どうぞお付き合いくださいませ~♪



e0347334_04553881.gif

* Winter *




e0347334_15585377.jpg


2016年、年明け早々に見た幻想的な夜の駅も、





e0347334_15585065.jpg


待ちに待ってた青い影も、





e0347334_15584715.jpg


やわらかな夜明けも、





e0347334_15584461.jpg


霧から目覚めた白い丘も、





e0347334_15584167.jpg


シルバーに染まったカラマツの防風林も、冬の美しさを再認識したワンシーンの連続だった。

どこかに融けない雪はないだろうか。
いつまでも見ていたい、撮っていたい・・・やっぱり冬は特別だ。




e0347334_04550080.gif

* Spring *




e0347334_15583809.jpg


北海道の春は、足元のちいちゃな命から。





e0347334_15583433.jpg


道南からスタートした桜前線の旅は、





e0347334_15582966.jpg


やがて富良野に到着。





e0347334_15582508.jpg


そして美瑛でもエゾヤマザクラが咲いた。





e0347334_15582184.jpg


咲いたと思えば、わずか2~3日でその命を終えてしまう短命なエゾヤマザクラ。

芽吹いたばかりの新緑、春耕の畑、冬のにおいが残る十勝岳連峰とのカルテット。
この瞬間に出会えたことに感謝。




e0347334_04544680.gif

* Summer *




e0347334_15581425.jpg


北海道で、ようやく緑が濃くなってきた頃、今年も彼の地元がある東北へ・・・





e0347334_15581103.jpg


福島県・裏磐梯では、夏の朝靄 ( あさもや ) が湖を染めていた。

この目で見たいと思っていた憧れのシーン。
たった数分だったけれど、いつまでも忘れられない夏の色になった。





e0347334_15580748.jpg


美瑛の丘にも、さわやかなグリーンと強い日差し。





e0347334_15580394.jpg


例年以上に湿気が強かった北の大地で、そよそよと揺れる麦畑。
黄金色の風が吹き抜けた。





e0347334_15580070.jpg


見頃を少し過ぎてしまった広大なひまわり畑も、額縁に入れてしまっておこう。




e0347334_04543063.gif

* Autumn *




e0347334_15574978.jpg


自費出版という、わたしにとっては大きな決断をした初秋。





e0347334_15574508.jpg


秋になると必ず訪れるこの丘。
何度訪れても、違う表情を魅せてくれる朝霧に、今年も夢中になった。


↑ この写真を「 色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2016 」キャンペーンに選んで頂きました。
CAFE ( ←click ) に掲載されております。
ありがとうございました m(_ _)m





e0347334_15574293.jpg


まるで生クリームのような霧も、





e0347334_15573997.jpg


特等席で見た紅葉も、





e0347334_15573636.jpg


絵の具を溶かしたような水面も、全部大切な想い出の1ページ。



**********



今年撮影へ出掛けた日にちを数えてみたのだけれど、あまりの少なさに驚きました (;´∀`)
きっとこれから先も、制限がある中での撮影となるでしょう。
けれど、撮りたいときに撮りにいけない悔しさを知っているからこそ、1回の撮影に込める想いや感動もひとしお。
いつまでも初心を忘れずにいられるような気がします。

・・・と、ポジティブに考えることにしよう。笑




e0347334_15573275.jpg


夏には、ピックアップブロガーにも選んで頂きました。
秋に決断した自費出版の件では、たくさんの方が応援してくださいました。
本当に、感謝のきもちでいっぱいです。
いつもこのブログを見てくださること、励みになる言葉をかけてくださること、すべてに 「 ありがとう 」 。

どうぞ良いお年をお迎えくださいね★



e0347334_22475153.gif

私事ではありますが、雑事に追われ、師走らしいバタバタした日を送っております。
年末にかけて、大掃除や帰省など、プチ行事が目白押しなので、年明けの更新までイイネはおやすみ致します m(_ _)m
何かありましたら、 コチラ ( ←click )の記事のコメ欄にてコメントを承りますが、お返事には時間がかかってしまうことをご了承くださいませ。




mika


by micamelife | 2016-12-29 00:00 | *landscape*

鈴の音過ぎる頃


クリスマスも そうじゃない日も



e0347334_19465198.jpg


新しい朝は 誰にも平等にやってくる


e0347334_17093518.gif


素敵なクリスマスをお過ごしになりましたでしょうか (uωu*人)

今年のクリスマス、わたしは美瑛で過ごしました。
今日は26日なのでね、鈴の音も、ちょっと遠ざかってしまったけれど・・・
せっかく撮ったので、それっぽい写真で更新しますね☆




e0347334_19464600.jpg


↑ 12月24日のクリスマスツリーの木です。

前日、結構な雪が降ったせいでしょうか、雪のドレスを着て出迎えてくれましたよ~♪
冬の朝はね、いつも静かなこの場所なのですが、この日はお客さんがチラホラ。
やっぱりクリスマス効果はスゴイね。





e0347334_19464242.jpg


何度行っても好きな場所のひとつ。
ズボっと埋まる足取りも、細い枝から落ちてきた雪が時折顔にかかることも、本当に楽しくてね。
静かな森は、時間を忘れてしまいます。


* 年内にもう1回更新をして、2016年の〆にしたいと思います m(_ _)m



e0347334_22475153.gif

私事ではありますが、雑事に追われ、師走らしいバタバタした日を送っております。
年末にかけて、大掃除や帰省など、プチ行事が目白押しなので、年明けまでイイネはおやすみ致します m(_ _)m
何かありましたら、 コチラ ( ←click )の記事のコメ欄にてコメントを承りますが、お返事には時間がかかってしまうことをご了承くださいませ。




mika


by micamelife | 2016-12-26 00:00 | *Biei & Furano*

命の色


命燃やして



e0347334_20152545.jpg


生きた証を ここに


e0347334_17093518.gif


真っ白な雪原で、ひときわ目を惹くカラマツの色は、命を燃やして魅せてくれた最後の彩り。
青空がバックになるより、雪雲の方が良いかな・・・と、お天気の変化を待ってシャッターを切った1枚です。

冬の訪れが早いと、こんな素敵な光景に出会えるのですね (*´∀`*)
自然が見せてくれる風景には、いつも驚かされてばかり。
限られた撮影の中で、こうしたシーンを見逃すことのないよう、常にアンテナを立てていたいものです。



**********



【 S vol.2をご購入頂いた皆さまへ 】


メール・コメントでの到着のご連絡、ありがとうございます m(_ _)m

55名様分の発送作業が終わりましたので、これから少しずつお返事をしていきたいと思います。
既に数日お待たせしているのですが・・・もう少しだけ、お時間を頂きたく存じます。

到着のご連絡がこれからの方は、恐れ入りますが、メールにてお願いできますでしょうか。
ここ数日、エキサイトブログでネットワークの不具合が生じており、管理画面へのアクセスがし辛い状況が続いております。
お願い事ばかりで申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。



e0347334_22475153.gif

私事ではありますが、雑事に追われ、師走らしいバタバタした日を送っております。
年末にかけて、大掃除や帰省など、プチ行事が目白押しなので、年明けまでイイネはおやすみ致します m(_ _)m
何かありましたら、 コチラ ( ←click )の記事のコメ欄にてコメントを承りますが、お返事には時間がかかってしまうことをご了承くださいませ。




mika


by micamelife | 2016-12-19 00:00 | *Biei & Furano*

キミにさよなら


どうしても撮りたいものが2つあって、とある場所へ車を走らせた。

ひとつは、晴れた冬の日にだけ撮れるもの。
このブログを見てくださっている方なら、きっともう察しがついているかな (*'v`*)



e0347334_04090477.jpg


雪原の青い影。

これを撮ったのは、11月26日。
今年は根雪になるのが早かったのでね、こんな時期から見ることができました☆





e0347334_04090115.jpg


超広角レンズを家に忘れてしまったことが悔やまれたけれど・・・(;´∀`)
冬の朝ならではの透明感、伝わるといいな。


そして、「 どうしても撮りたかったもの 」もうひとつはね。





e0347334_04085759.jpg


これ。


実は今日載せた3枚の写真は、すべて同じ場所で撮っているのですが・・・
ここは 「 哲学の木 」 があった場所。

伐採という悲しい出来事があって以来、ここへは立ち寄らずにいました。
何もない丘に立ったとき、言い知れぬ淋しさと悲しさに襲われるであろうことが分かっていたからです。
でも、ようやくさよならを告げてきました。



**********



この場所へ着いたとき、三脚を構えて写真を撮っている男性がいました。
中西敏貴さんだと、すぐに分かった。
中西さんと、美瑛・富良野の丘で偶然出会ったのは、これで4回目。
「 お久しぶりです~ 」なんて挨拶から始まって、いつも十数分の雑談に応じてくださる、とても気さくな方です。

中西さんは、哲学の木が伐採された日、その場に立ち会い、最期の姿を写真に収めた唯一の写真家さん。
地主さんと友人関係にあった彼だけが許されたのです。
そんな中西さんに、他の何処でもない、この場所でお会いできたこと、わたしにとっては奇跡に近い出来事でした。


広い広い丘では、毎日ちいさな物語が生まれているのですね、きっと今この瞬間も・・・



e0347334_22475153.gif

冊子「 S 」の発送作業、その他雑事に追われ、師走らしいバタバタした日を送っております。
年末にかけて、掃除や帰省など、プチ行事が目白押しなので、年明けまでイイネはおやすみ致します m(_ _)m
何かありましたら、 コチラ ( ←click )の記事のコメ欄にてコメントを承りますが、お返事には時間がかかってしまうことをご了承くださいませ。




mika


by micamelife | 2016-12-12 00:00 | *Biei & Furano*

毎日がスペシャル


「 今日も 好い日でした 」



e0347334_15541781.jpg


お日様のあったかさを感じられたこと





e0347334_15534709.jpg


いつもの見回りコースが 「 異常なし 」 だったこと





e0347334_15525792.jpg


おだやかな毎日に ちいさなしあわせがかくれんぼ


e0347334_17093518.gif


* 写真は初秋に撮ったものです m(_ _)m


日曜日の深夜、「 生きがい 95歳現役菓子職人の明け暮れ 」というタイトルのドキュメンタリー番組を観た。
富山県の、ちいちゃな私鉄の駅のすぐ側にある「 紙谷製菓店 」のお話。
店主の紙谷繁夫さんは御年95歳、なんと現役の菓子職人で、たったひとりでお店を守っている。

日々のお菓子作りはもちろんのこと、一人暮らしのため、掃除・洗濯・炊事もこなしていた。
歩くスピードはゆっくりだけれど、杖も使わずしっかりとしていらっしゃるし、
何より、お菓子を作る眼差しや手つきは、「 生涯現役 」という言葉を体現しているように見えた。

何事においても、諦めることは簡単だ。
街が衰退しても、奥様に先立たれても、ここまで継続を貫いてきた紙谷さん、なんとご立派な方だろうか。


「 ( 遺影の妻と )約束したから 」と、奥様の七回忌の引き出物として、上生菓子を50箱作る。
6月1日に 「 あずまやき 」 という菓子を食べる風習に合わせて、徹夜で800個作る。
自家製のあんこに拘り、小豆を煮て素手で漉す。
2時間かけて、店をクリスマスの飾りつけでいっぱいにする。
地元の老人施設からの依頼で、クリスマスケーキを3ホール作る。
たったひとりで。

ホイップを絞る手は少し震えていて、ケーキの土台から少しはみ出してしまい、出来栄えに納得のいかない紙谷さん。
真ん中にサンタクロースの砂糖菓子が3つ並んだ、可愛らしいクリスマスケーキを食べた人たちは、皆笑顔だった。



e0347334_22282359.gif



仕事があること、生きてこられたこと、「 感謝せんといけん 」と、紙谷さんは仰った。

2016年、あと3週間ほどあるけれど、今年はわたしにとって試練の年だった。
健康であるということがいかに尊いか、写真を撮りに行けるということがどれほど有り難いか、これほど痛感した年はない。
「 感謝せんといけん 」という紙谷さんの言葉が、胸に突き刺さるようだった。


「 いってらっしゃい 」と送り出した夫が、「 ただいま 」と、今日も無事に帰宅した。
ご飯が美味しいと感じた。
外に出てみると、冬のにおいがした。
今日も好い日だったと思えた。

おだやかな日常の積み重ねは、ちいさなしあわせと奇跡であふれている。
毎日がスペシャルなんだと気付けただけでも、今年1年の意味があったのかもしれない。



e0347334_22475153.gif

富山観光も兼ねて、来年紙谷さんのお菓子を食べに行こうと思ったのだけれど、今年、奥様の元へ旅立たれたそうです。
番組を通して紙谷さんを知れたことに、こころから感謝。
今まで観たどのドキュメンタリー番組よりも素敵な内容でした (*^^*)

次回からまた、冬の美瑛に戻りますね~♪




mika


by micamelife | 2016-12-08 00:00 | *cat*

「 S 」 winter


Snowscape( 雪景色 ) Shadow( 影 ) Silence( 静寂 )



e0347334_00202273.jpg


あなたに届けたい冬の 「 S 」 は 静寂の銀世界


e0347334_17093518.gif


お待たせ致しました、個人冊子 「 S 」 vol.2のご案内です m(_ _)m




e0347334_00195192.jpg


個人冊子 「 S 」 vol.2 発売


・ 30Pフルカラー( 表紙にマットPPという特殊加工を施しています )
・ A5サイズ横型
・ 1300円( 内200円は送料です )
・ 55部のみ( 増刷不可 )

【 収録内容 】
Snowscape 雪景色の美しさ
Shadow 青い影の魅力
Silence 音のない世界
Sha-talk ミニコラム「 良い写真ってなんだろう? 」
( vol.1の収録内容は コチラ をご覧ください





e0347334_00192196.jpg


* ご購入方法 *

12月5日21時、12月7日13時の2日に分けて受付をしておりましたが、55部完売致しました。
お申し込み頂いた方、応援してくださった方、本当にありがとうございました m(_ _)m
キャンセル等で数冊販売できる状態になった場合は、再度告知させて頂きます。


* お支払方法 *

クレジットカードやコンビニ決済ができたら良かったのだけれど・・・個人通販のため、それはできません。
大変お手数ではございますが、銀行振込か現金書留でのお支払いとなりますことをご了承ください。


* 個人情報 *

ブログ上での 「 ポストカードプレゼント企画 」 2度の実施、そして前回のvol.1のお申し込みと、
約100名の大切な個人情報( お名前とご住所 )をお預かりしていますが、悪用・流出等は一切ございません。
スマートフォンにデータを保存することもしておりませんので、ご安心くださいませ。


* カラー *

出力モードの違い等により、ディスプレイで見ている色と、冊子の色には若干の相違がございます。
イメージとしては、PCで見ている色を、少しビビッドにした色彩です。


* 写真集ではありません *

写真も言葉もシンプルに、そしてちょっと大きめに・・・「 絵本 」をイメージして頂ければと思います。


* 重要!お願い *

ブログをお持ちの方、そうでない方、どなたでもご購入頂けますが、ひとつだけお願いがございます。
お手元に届きましたら、ひと言 「 受け取りました 」 のみで構いませんので、ご一報下さいますようお願い申し上げます。
冊子の感想を添えて頂く必要はございません。
お互いの個人情報を明かす、ということは、今のご時世、とても勇気がいることです。
そんな中、前回のvol.1で多くのご注文を頂けたことに、本当に感謝しております。
少しでも安心してお買い上げ頂くために、万が一の郵便事故の際は日本郵政に調査依頼を出す等して、万全を期す所存です。
通信販売という形ではありますが、事務作業ではない「 手から手へ 」のやりとり、ご理解頂けましたら幸いです。



e0347334_22475153.gif

ご質問やご不明な点等ございましたら、ご遠慮なく コチラ( ←click )の記事のコメ欄、若しくはメールにてお問い合わせください。
どうぞよろしくお願い致します m(_ _)m




mika


by micamelife | 2016-12-03 00:00 | *Information*


Fun to SHOOT      *リンクフリーです*


by mika

プロフィールを見る

* Contact *

mika宛のメールはコチラまで

* 現在上記アドレスを一時的に停止しておりますので、ご連絡はコメント欄よりお願い申し上げます *


使用機材・活動履歴等は、
コチラをご覧くださいませ。


カテゴリ

*Links*
*Biei & Furano*
*landscape*
*flower*
*cat*
*animal*
*selfportrait*
*Danboard*
*airplane & air port*
*Kyoto*
*Information*
*other*
*about me*

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

* 賞 & 販売 *


個人冊子 「 S 」 vol.3 発行


個人冊子 「 S 」 vol.2 発行


個人冊子 「 S 」 vol.1 発行


JAPAN PHOTO 2015 秋冬フォトコンテスト 準特選


アートアクアリウム 2014 オフィシャル写真集 「 金魚の宇宙 」 写真提供


麻生猫カフェ 福猫茶房さんにてポストカード販売中
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

* 掲載 *

フォトコンライフ 67 「 JAPAN PHOTO 2015 秋冬フォトコンテスト 講評 」 掲載

写ガールvol.27 「 一生に一度の写真旅@沖縄 」 掲載

写ガールvol.26 「 NO PHOTO NO LIFE上位者に聞く!私のカメラ遍歴 」 掲載

写ガールvol.25 「 No Photo No Life 」 フォトコンテスト 2位

女子カメラvol.35 「 秋しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.34 「 日本全国お気に入り撮影スポットMAP 」 「 夏しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.33 「 春しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.32 「 冬しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.28 「 猫しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.27 「 blogger女子の秋しゃしん 」 見開き掲載

女子カメラvol.26 「 可愛い!しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.25 「 猫しゃしん 」 掲載