カテゴリ:*Biei & Furano*( 161 )

sympathy


「 好い朝陽でしたね 」

「 ススキも輝いて・・・すっかり秋ですね 」


いつものお気に入りの場所へ行くと、朝陽と朝霧をねらうカメラマンでいっぱい。
朝の挨拶と共に、同じ景色を見ながら、感動を共有し合う。
すっかり寒くなってきた早朝に、ホッとこころがあたたまる瞬間。



e0347334_15211981.jpg


そんな朝に見た景色が ↑ こちら。

撮りたてホヤホヤ、初秋の美瑛です (O*'v`*)
大雪山系では紅葉が見頃を迎えていますが、里に下りてくるのはまだ先、1ヶ月後くらいかな。
色付きこそないけれど、初秋らしい美瑛フォト、ちょこちょこ載せていきますね。



それから・・・





e0347334_15211669.jpg


「 S 」 vol.1 着々と皆さまの元に届いているようです。
この場を借りて、改めて 「 ありがとう 」 を。


これから1年をかけて4冊発行する 「 S 」 を通して伝えたいこと。
北海道の魅力や、大切にしている 「 写真と言葉 」 の世界観はもちろんなのだけれど、もうひとつあってね。

それは 「 暮らしの中に写真があることの楽しさ 」 。
ポストカードにして大切な人に贈ってみたり、お気に入りの1枚を部屋に飾ってみたり、旅行記をアルバムにまとめたり・・・
毎日の暮らしの中に、自分の、友人の写真があるって、素敵なことだと思うんです。

「 プリントしてみようかな 」って、そう思ってくれる方が増えたらうれしいです (*>v<)ノ



e0347334_22475153.gif

本日はコメ欄閉じています m(_ _)m
何かありましたら、ご遠慮なく コチラ( ←click )の記事のコメ欄をお使いください。




mika


by micamelife | 2016-09-27 00:00 | *Biei & Furano*

音 色


トラクターのリズムと 土のにおい



e0347334_20193392.jpg


田舎の夏は いつもやさしい


e0347334_17093518.gif


* 美瑛・富良野の夏 vol.2


これを撮ったのは、観光シーズン真っ只中の連休でしたが、ここはとても静か。

前回 ( ←過去記事に飛びます ) 行ったときは、裸ん坊だったこの木も、もりもりと葉をつけて
耕された土には麦とお野菜、すっかり夏の顔になっていました (*>v<)ノ




e0347334_20190350.jpg


早朝から、カタカタとリズムを奏でながら働くトラクター。

こんな景色が見られるのも、あと僅か・・・
北海道の夏は、驚くほど短い。
そして、そんな季節の移り変わりを目にするたび、愛おしく思えるのです。



e0347334_22475153.gif

* 只今、 ( ←click! ) 掲載中! ぜひご覧くださいませ


本日はコメ欄閉じています m(_ _)m
何かありましたら、ご遠慮なく コチラ( ←click )の記事のコメ欄をお使いください。




mika


by micamelife | 2016-07-26 00:00 | *Biei & Furano*

夏の旅人


黄金色の海を そよそよと駆け抜けてゆく



e0347334_22523253.jpg


私は夏の旅人


e0347334_17093518.gif


「 そのもの青き衣をまといて 金色の野に降り立つべし 」


思わず 「 風の谷のナウシカ 」 の予言を思い浮かべてしまう・・・
麦秋で輝く夏の美瑛・富良野。
風が吹けば、そよそよと波打って、それはそれは美しい光景が広がります。




e0347334_22520235.jpg


春に訪れた この場所 ( ←過去記事に飛びます )も、ご覧の通り!

わたしの中では、夏の美瑛・富良野と言えば、ラベンダーよりも、↑ この光景。
それから、ジャガイモのお花もね。
畑の作物たちが魅せてくれる彩りは、夏の輝きそのものです。





e0347334_22513289.jpg


朝4時に着いて、9時過ぎには美瑛を立つという・・・
いつになく時間がない撮影でしたが、
↑ こんなふうに輝く風景が見られて、しあわせいっぱいなのでした (O*'v`*)




**********




それからね、ちょっと余談なのですが。

「 JAPAN PHOTO 2015 秋冬フォトコンテスト 」なるものに初めて応募しまして。
なんと、準特選を頂きました・・・(〃゜△゜〃) !!
ひぇーー、先日のピックアップブロガーといい、今年はもう、運を使い果たしました。笑


フォトコンテストと言っても、それ用に撮り下ろしたものではなく、
「 自由部門 」ということで、今まで楽しく撮影したものの中から選んだんですね。

そうしたら、審査員の先生が、
「 自由部門ですから、より自由で楽しい作品を選びました 」と仰っていて、
あぁ~、やっぱり楽しむって大事だって、改めて思ったのでした。



e0347334_22475153.gif

あ り が と う

の件で、たくさんのコメント、メール、ファン申請ありがとうございました。
たくさんの方に見て頂けて、本当にしあわせ者です m(_ _)m
順番にお返事をしておりますので、もう少しお待ち頂けましたら幸いです。

まさみさん・toshiさん・紫苑さん・芋・Ricoちゃん・箱庭・aviさん・MACHI*さん
mocoちゃん・yuhki*tomoさん・kotohanohaさん、ありがとー!!


掲載記事はコチラから




mika


by micamelife | 2016-07-20 00:00 | *Biei & Furano*

両手いっぱいの愛を


おなじ空の下



e0347334_17011308.jpg


あなたに出会えたことと





e0347334_16300096.jpg


カメラがある毎日に





e0347334_16291944.jpg


あ り が と う


e0347334_17093518.gif


00:00AM以外の更新ははじめてで・・・緊張しています (;´∀`) 笑

エキサイトブログに引っ越してきてちょうど1年という節目の月に、
に選んで頂きました。
このタイミングでお声掛け頂けたこと、本当に、本当に有り難かったです。



e0347334_18390254.gif



実は、もう1ヶ月以上も、写真を撮りに行けてないんです。

そのせいでしょうか、ストレスも溜まるし、なんだか悶々とした日々を送っていました。
そんなときに、 のお話を頂き、
「 mikaさんにとって写真とは? 」というインタビューを受けたんですね。
撮影には行けてないけれど、じっくりと 「 写真 」 と向き合う良い機会でした。


自分らしい写真とは、写真の楽しさとは、ブログの良さとは・・・
自分なりの言葉で精一杯お話して、写真もね、たくさん使ってくださったんです。
ぜひ、じっくりと読んで頂けたらと思います (`・ω・´)b

いつも見てくださる皆さま、はじめて見に来てくださった皆さま、
我儘を聞いてくださった編集部の根本様、本当にありがとうございます!


掲載記事はコチラから



e0347334_22475153.gif

本日はコメ欄閉じています m(_ _)m
何かありましたら、ご遠慮なく コチラ( ←click )の記事のコメ欄をお使いください。




mika


by micamelife | 2016-07-14 17:10 | *Biei & Furano*

photography


わたしのこころに触れたもの



e0347334_19585268.jpg


雲の美しさ





e0347334_19582385.jpg


荒々しい山の美しさ





e0347334_19575390.jpg


シルエットの美しさ





e0347334_19572328.jpg


そこにある 「 生活 」 の美しさ


e0347334_17093518.gif


* 本日の写真たちは、過去に撮ったものを現像し直したものです


3ヶ月くらい前かな、今年はブログを始めて10年目っていう記事を書きましたが、
今日、7月1日は、エキブロに引っ越してきてちょうど1年なんですね。
いつも見てくださって、本当にありがとうございます m(_ _)m

それでね、ちょうど1年ということで、珍しく 「 写真のはなし 」 なんかしてみようと思います。
堅苦しい記事は、あえて書かないようにしているのですが、たまには・・・ね。笑

堅苦しいのが苦手だよ~という方は、↓ 以下 ↓ スルーしちゃってください。




e0347334_20142213.gif



相方と出会ったばかりの頃、
「 mikaさんの写真好きだけど、もっと勉強した方がいいと思うよ! 」
と、清々しいくらいストレートに言われたことがある。
当時は今以上に負けん気が強かったので、「 は (゚⊿゚) ? 」ってなったのを覚えています。笑

でも、よくよく聞いていると、その通りだと思うことばかりで。



「 女の人って、感性がやわらかくて、感が良いから、なんとな~く・・・な人が多いでしょ。
例えば、現像の方法とか、SSとF値の関係性とかさ。
知らない訳じゃないけど、詳しくもない、みたいな感じ。
で、そのなんとな~くでこなせちゃうのが女性で、これはね、男にはない部分なんだ。
でも、これって羨ましい反面、すごく勿体ない。
だってさ、本でもなんでも、もっと知識をつければ、もっと上達できちゃうのに。
mikaさんだって、今の写真より遥かに素敵になると思うよ! 」


この人には勝てないと思った。
だってね、本当にその通りだったんです、なんとな~くで撮ってたの。
まぁ、それは今もちょっとあるんだけどね (;´∀`)

色の出し方・現像方法・マニュアルでの撮り方・カメラの構造まで。笑
独学だけど、いろいろと調べていきました。

人には好みというものがあって、それは色だったり、構図だったり、被写体そのものだったり。
だから、どの方法が合っているのか、どの知識をどこまで取り入れればいいのか、
それは自分次第でokというのも、アマチュアの強みなんだと思った。


そして今は、虹やダイヤモンドダストが出る雰囲気( 気温、湿度、方角等 )、
良い影ができる時間帯や、その場所、
光の追いかけ方等にも興味を持って、日々楽しく勉強、そして撮影しています。

まぁ、何が言いたいのかっていうとですね・・・
好きなことっていうのは、学ぶことも楽しいし、吸収も早いよねっていう。

だから日々精進、こうして技術も感性も磨かれていくのだと思います (`・ω・´)b



e0347334_06272453.gif



それから・・・
新しくしようと思いながらも、そのままにしてた既存のプロフィールページ。
ようやく重たい腰が上がりました (;´∀`)

懐かしい写真も追加していますので、コチラのプロフィールページ、ぜひご覧くださいませ。
リンク先、50枚以上の写真がありますので、おじかんのあるときにゆっくりと★



e0347334_22475153.gif

週末につき、イイネ閉じています m(_ _)m
何かありましたら、コチラ( ←click )の記事のコメ欄にお願いします。




mika


by micamelife | 2016-07-01 00:00 | *Biei & Furano*

Cantabile


カメラと 自然と わたしと・・・



e0347334_04125852.jpg


そこにある自然と向き合い

そっとシャッターを切る

ただ それだけ


e0347334_17093518.gif


これから先、自分の写真が、そして自分の感性が、
どのように変わっていくのか、今は全く分からないけれど・・・

でも、丘に佇み、風を感じながら 「 今日も綺麗だね 」 と思えるこころを、
撮らせてくれてありがとうと思えるこころを、
いつまでも大切にしたいし、そう感じられる自分でありたい。


わたしにとっての 「 自然 」 とは、
「 被写体 」 である前に、風を、四季を、自分のこころを感じられる場所なのだ。



**********



7月になれば、美瑛・富良野も、いよいよ観光シーズンに突入!!


「 美瑛へ行くよ~♪ 」
と連絡をくださったブロ友さんも、既に数名いらっしゃるのでね、
今年の夏は、いろんな方の美瑛フォトが拝見できそうで、今から楽しみだったりします。

でもね・・・

時にはカメラから目を離し、目の前にある懐深い自然を、肌で感じてみてくださいね。
「 何もしない贅沢 」とは、よく言ったもので、ほんとにね、好いじかんなのです。
自分だけの 「 美瑛・富良野 」 を見つける、という楽しさ、ぜひ味わってみてください★


* タイトルの Cantabile とは、音楽の発想記号のひとつで 「 歌うように 」 という意味です



e0347334_22475153.gif

本日はコメ欄閉じています m(_ _)m
何かありましたら、コチラ( ←click )の記事のコメ欄にお願いします。




mika


by micamelife | 2016-06-28 00:00 | *Biei & Furano*

Andante


「 は じ め ま し て 」



e0347334_20185705.jpg


初夏の丘で出会った

名前のない 美しいあなた


e0347334_17093518.gif


美瑛・富良野には、徒歩でしか登れない道や、地図に載っていない道がある。

だからでしょうか、通い続けて約10年経った今でも、
新しい道を見つけたり、はじめて出会う木々たちがいたり・・・
発見の連続なんです (O*'v`*)


↑ この場所( 木 )も、はじめて。

畑に足を踏み入れないよう、注意しながら撮影していたら、
偶然、地主さんの軽トラが通りました。
カメラから目を離し、運転席に向かって軽く会釈をしたら、応えてくださった。




e0347334_20185379.jpg


今頃、この木も美しい緑の葉を付け、畑にも芽が出ていることでしょう。

また、会いに行くからね。
名前のない、美しいあなたに・・・


* タイトルの Andante とは、音楽の速度記号のひとつで 「 歩くような速さで 」 という意味です



e0347334_15435229.gif


* あ り が と う *

半年ぶりに開けたコメント欄に、たくさんの言葉を寄せてくださり、本当にありがとうございました m(_ _)m
6月21日現在、頂いたコメントには、すべてお返事を書かせて頂きました。
コメントを頂いた皆さまのブログへも必ずお邪魔しますので、もう少し時間を頂けますか。




mika


by micamelife | 2016-06-22 00:00 | *Biei & Furano*

愛し君へ


もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし



e0347334_19310439.jpg


山桜よ 私があなたを愛しむように 私のことも愛おしく思っておくれ

こんな山奥では 私を知る者は あなた以外にいないのだから


e0347334_17093518.gif


* mikaが行く! 北海道の桜 vol.8


山奥というほどでもないのだけれど、農家さん以外に人はいなくて、
こーーんな見事な絶景を、またまたふたり占め!!


十勝岳連峰を背に咲く見事なエゾヤマザクラ。
この場所を見つけたのは2年前、道を間違えたことがキッカケでした。

「 今年も、あの場所に行きたい! 」
そう言ったら、何の迷いもなくここへ辿り着いた相方。
男性って、地図の飲み込みが本当に早いですよね、いつも感心してしまいます。

助手席とは名ばかりの、道眺め係なわたし・・・(;´∀`)




e0347334_19303486.jpg


こちらも十勝岳連峰を背に咲く桜たち。
芽吹いたばかりの新緑と肩を並べている姿が、なんとも愛おしい風景でした。


撮影中の約10分間、車は1台も通ることはなく、とても静かなじかん。
シャッター音と風が心地良い。
春と冬の美瑛は、人が少なくて落ち着きますね (´ω`*)



e0347334_04550080.gif

本日はコメ欄閉じています m(_ _)m
何かありましたら、コチラ( ←click )の記事のコメ欄にお願いします。




mika


by micamelife | 2016-05-31 00:00 | *Biei & Furano*

桜人ふたり


匂へども 知る人もなき 桜花 ただひとり見て 哀れぞと思ふ



e0347334_04041702.jpg


美しく咲き誇っているのに それを知る人もいない桜よ

わたしがひとり見て 素晴らしい風情だと思う


e0347334_17093518.gif


* mikaが行く! 北海道の桜 vol.7


この和歌にもあるように、ここの桜を知っている人はいない・・・
とまではいきませんが、
でもね、少なくとも、わたしが行ったときは、だ~れもいなくて、文字通りひとり占め!

いや、相方もいたからふたり占めか (;´∀`)



5月8日、ここへ来たときは、まだ咲いてないなんてレベルじゃあなくって、
蕾も、ちっとも色付いていないものだから、
この場所は本当にお目当ての場所なのか、そしてそもそも本当に桜あるの?という感じ。笑

けれど、僅か1週間で ↑ ここまで咲くのですから、自然のパワーに驚きです。
見頃を逃し、見事に散ってしまった木もある一方で、
こんなふうに時間差で次々と咲いてくれるので、長く楽しめているのかもしれませんね。



**********



さすがの北海道・・・というか、札幌や美瑛・富良野方面も、桜は既に散っています。
いつまでも引っ張ってしまってごめんなさい m(_ _)m
少しでも楽しんで頂けるようにと、撮り方や、撮影場所が違う写真を選んで更新しています。
あと3回ほどで終了予定ですので、お付き合いくださいませね。

次々とお花が咲き始めて、さわやかな季節ではあるのですが、
今年も去年同様、毎週末撮影へ出掛けることはできないため、残念ながらこれが精一杯。


ご理解頂けましたら幸いです。



e0347334_04550080.gif

本日は、イイネ閉じています m(_ _)m
何かありましたら、コチラ( ←click )の記事のコメ欄にお願いします。




mika


by micamelife | 2016-05-26 00:00 | *Biei & Furano*

惜 花


空蝉の 世にも似たるか 花桜 咲くと見しまに かつ散りにけり



e0347334_14104933.jpg


桜の花は 儚いこの世によく似ている

咲いたと思えば 見る間に早く散ってしまったよ


e0347334_17093518.gif


* mikaが行く! 北海道の桜 vol.4


朝陽を浴びて輝く、満開の桜を撮りに行こう! 」

そう意気込んで、21時には寝た訳ですが・・・
ものの見事に寝坊して、美瑛に着いたのは、早朝5時過ぎのこと。
暖かくなり、夜明けの時間も随分と早くなったのでね、
この日の日の出時刻は4時5分、1時間以上も遅れて着いてしまったよ (;´∀`)


しかも、満開ではなく、↑ ご覧の通り、ほぼ葉桜・・・

ひとつ前の記事にも書きましたように、エゾヤマザクラは本当に短命な桜。
まして、遠方に住んでいるともなれば、
満開のタイミングを狙うことは、とても難しいのです。




e0347334_21333135.jpg


ちなみに、↑ こちらは1週間前の5月8日に撮影したもの。

たくさん咲いているようにも見えるかもしれませんが、
まだ殆どが蕾の状態で、横構図では撮れないほどに、淋しい印象でした。
それが、ものの1週間の間に満開を迎え、散ってしまったのですから、なんと儚い命でしょう。





e0347334_21332242.jpg


寝過ごし、おまけに桜も散って・・・
「 あ~ぁ 」 なぁんて思ってしまいそうなものですが、
↑ こんな景色が出迎えてくれるのだから、やっぱり病みつきになる街なんですよね。


さて、当ブログでは、引き続き、満開を過ぎてしまった美瑛・富良野地方の桜ですが、
大好きなまさみさんは、まさにベストなタイミングでいらしたのでは?と、勝手に思っています~♪

美しい桜色の余韻、まだまだ楽しみにしておりま~す ヽ(*´∀`)ノ



e0347334_04550080.gif

本日はコメ欄閉じています m(_ _)m
何かありましたら、コチラ( ←click )の記事のコメ欄にお願いします。




mika


by micamelife | 2016-05-16 00:00 | *Biei & Furano*


Fun to SHOOT      *リンクフリーです*


by mika

プロフィールを見る

* Contact *

mika宛のメールはコチラまで

* 現在上記アドレスを一時的に停止しておりますので、ご連絡はコメント欄よりお願い申し上げます *


使用機材・活動履歴等は、
コチラをご覧くださいませ。


カテゴリ

*Links*
*Biei & Furano*
*landscape*
*flower*
*cat*
*animal*
*selfportrait*
*Danboard*
*airplane & air port*
*Kyoto*
*Information*
*other*
*about me*

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

* 賞 & 販売 *


個人冊子 「 S 」 vol.3 発行


個人冊子 「 S 」 vol.2 発行


個人冊子 「 S 」 vol.1 発行


JAPAN PHOTO 2016 秋冬フォトコンテスト 特選


JAPAN PHOTO 2015 秋冬フォトコンテスト 準特選


アートアクアリウム 2014 オフィシャル写真集 「 金魚の宇宙 」 写真提供


麻生猫カフェ 福猫茶房さんにてポストカード販売中
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

* 掲載 *

フォトコンライフ 71 「 JAPAN PHOTO 2016 秋冬フォトコンテスト 講評 」 掲載

フォトコンライフ 67 「 JAPAN PHOTO 2015 秋冬フォトコンテスト 講評 」 掲載

写ガールvol.27 「 一生に一度の写真旅@沖縄 」 掲載

写ガールvol.26 「 NO PHOTO NO LIFE上位者に聞く!私のカメラ遍歴 」 掲載

写ガールvol.25 「 No Photo No Life 」 フォトコンテスト 2位

女子カメラvol.35 「 秋しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.34 「 日本全国お気に入り撮影スポットMAP 」 「 夏しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.33 「 春しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.32 「 冬しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.28 「 猫しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.27 「 blogger女子の秋しゃしん 」 見開き掲載

女子カメラvol.26 「 可愛い!しゃしん 」 掲載

女子カメラvol.25 「 猫しゃしん 」 掲載